【高血圧】【糖尿病】【肥満】メタボリック対策サプリメントの通販

メタボリックシンドローム(高血圧・糖尿病・高脂血症・肥満)予防、改善効果のあるサプリメント(健康補助食品)を紹介しています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -

泡盛から生まれた黒糖入り黒麹もろみ酢 

琉球もろみ酢」作りの第一段階は麹づくりです。タイ米を洗って蒸し上げ、冷ましたところへ黒麹菌を植菌し、麹室で発酵を促して「黒麹」を作ります。

次に第二段階のアルコール発酵です。黒麹と米と酵母を加え、かめ仕込みにして発酵を促しながら熟成すると、もろみができます。泡盛はこのもろみを蒸留し、さらに熟成させていきます。

蒸し米に黒麹を植菌して熟成させたものを「出麹」といいますが、出麹はクエン酸を豊富に生成して、これが「琉球もろみ酢」の重要な酸味成分になるのです。

醸造に酢酸菌を使う普通の食酢の場合には、酸味の主体は刺激性の強い酢酸ですが、「琉球もろみ酢」の酸味成分は黒麹菌由来のクエン酸なので、口当たりもよく、クエン酸以外にも黒麹と酵母が生成するアミノ酸などの有用成分を豊富に含んでいるため、ダイエットや生活習慣病予防に効果が期待できるのです。

琉球黒麹もろみ酢黒糖入り 琉球黒麹もろみ酢
通販情報はこちら↓
http://www.igoods.jp/s/sapply/1087/
| 黒酢 | comments(0) | trackbacks(21)

糖尿病

近頃、スーパーなどでも見かけるようになったキノコ「たもぎ茸」。「たもぎ茸」は、ハラタケ科に属し、ヒラタケやアガリクスなどと同じ仲間です。当然、ハラタケ科のほかのキノコと同じような成分を持っています。

ハラタケ科のキノコの特徴は、βーグルカンという有効成分が豊富なこと。その成分が、糖尿病の改善に役立つ可能性があると注目を集めているのです。

糖尿病とは簡単にいえば、血液中のグルコース(ブドウ糖)の数値が異常に高くなる病気です。

私達が食べた食事の中の糖質(炭水化物)は消化器で分解され、グルコースという物質に変わります。このグルコースはエネルギーとして使われたり、あとで使うために一時的に貯蔵されます。

この過程で深い関わりを持つのが膵臓から出る「インスリン」というホルモンです。インスリンは、血液中のグルコースを体のすみずみの細胞まで運び、それぞれの細胞にとり込ませます。いわば、グルコースを運ぶ列車のような役割を果たしています。

このインスリンがつくり出せなくなったり、つくることは出来てもうまく働けなくなると、血液中のグルコースを利用することが出来なくなります。血液中のグルコース、すなわち血糖値が高いままの状態が続くと、さまざまなトラブルが血管に起こります。これが糖尿病です。

日本人に圧倒的に多いのは況燭療尿病

糖尿病は主に「儀拭Ν況拭廚裡欧弔離織ぅ廚あります。儀燭蓮屮ぅ鵐好螢鶲預言糖尿病」ともいい、子供や思春期の人に起こるものです。数は少なく、糖尿病の人の5〜10%程度です。なんらかの理由で、膵臓の細胞が障害され、インスリンをつくることが全くできない、あるいはごく少量しかつくれなくなり発病します。遺伝的な要素が大きな要因とみられていましたが、近年、必ずしも遺伝だけが関係するのでないことが分かってきています。

況燭療尿病は、患者の90〜95%を占めるほど多いのです。況燭療尿病では、膵臓は十分な量のインスリンをつくり出します。しかし、その働きが悪くなるため糖尿病が起こるのです。

はっきりとした理由は解明されていませんが、運動不足、バランスの悪い食事、高血圧、高脂血症、40歳を超えた年齢層、両親のどちらかに糖尿病患者がいる家系、などの要素が原因になるのではないかと考えられています。

況燭療尿病の発症はゆっくりで、初期の症状はおだやかです。重症になれば、薬物やインスリン注射などの治療が必要ですが、初期の段階ならば食事の改善と適度な運動でよくすることが可能です。

たもぎ茸エキス バイオゴットゴールドたもぎ茸高濃縮エキス 
バイオゴッドゴールド
容量 : 80mlx30包
詳細はこちら→http://www.igoods.jp/s/sapply/1068/

| 糖尿病 | comments(0) | trackbacks(12)

高血圧の原因

高血圧は、原因により一次性高血圧(本態性高血圧)と二次性高血圧に分類されます。

本態性高血圧とは、原因の特定できない高血圧であり、高血圧の約90%がこちらに分類されます。ただし、原因となる危険因子は明らかにされており、塩分の過剰摂取、加齢による血管の老化、ストレス、過労、運動不足、肥満、そして遺伝的要因などが危険因子として挙げられています。

一方、二次性高血圧は、腎臓病やホルモン異常など、原因となる疾患に引き続いて起こる高血圧です。こちらは、多くは原因となる病気が治癒することで、高血圧も改善されます。

特に20代・30代前半に高血圧を指摘された場合、腎機能・ホルモン異常などの検査はしておくべきです。

生活習慣の見直

高血圧の治療にあたっては、生活習慣の見直しと薬物療法が2つの柱になります。生活習慣の修正は高血圧だけではなく、糖尿病、高脂血症といった他の生活習慣病の予防に有効で、健康的で、理想的な生活スタイルを目指します。日本高血圧学会のガイドラインでは、6つのポイントを挙げています。

塩分制限:6g/未満

野菜・果物の積極的摂取(腎機能低下の患者では高カリウム血症、糖尿病患者ではカロリー増加の原因となる可能性があるため推奨されない)

適正体重の維持
 BMI=体重(Kg)÷身長(m)2 <25

運動療法
有酸素運動を30分以上毎日定期的に行う(心血管病のない高血圧患者が対象)

アルコール制限エタノールで男性20〜30ml/日以下(日本酒で1合前後)女性10〜20ml/日以下

禁煙



薬用ミミズ(レッドウォーム)配合高血圧・糖尿病対策配サプリメント
「龍心EX」
詳しくはこちらをクリック

みみずのサプリメント 「龍心EX」
| 高血圧の原因 | comments(0) | trackbacks(18)

高血圧と動脈硬化

動脈硬化とは、血管が弾力性を失ったり、血管の内腔が狭くなる状態を言います。高血圧が続くと、血液の圧力に耐えるために、動脈の血管壁が厚くなり、血液が流れる内腔は狭くなります。

血管が傷ついたりすると、コレステロールなどの脂質が溜まりやすくなり、さらに内腔は狭くなります。そうすると、血液の流れる抵抗が増え、血圧はますます上昇します。つまり、高血圧⇒動脈硬化⇒高血圧、という悪循環がさらなる動脈硬化を促進するのです。

動脈硬化が進行すると、心血管系に負担がかかりやがて重大な臓器の障害を起こします。
具体的には、

脳血管・・・脳出血(脳動脈瘤の破裂など)、脳梗塞

心臓・・・・心肥大⇒心不全、狭心症、心筋梗塞

腎臓・・・・腎機能低下⇒人工透析

大動脈・・・胸部・腹部大動脈破裂、大動脈解離

抹消血管・・閉塞性動脈硬化症

などが挙げられます。これらの多くが、特に前触れもなく突然発症し、生命にかかわる、または発症後の生活に支障をきたす病気です。

高血圧・糖尿病対策サプリメント 「M−ヒルディン」高血圧・糖尿病対策サプリメント 
シンギー社 M−ヒルディン
詳しくはこちらをクリック



| 高血圧と動脈硬化 | comments(0) | trackbacks(13)

高血圧

健康診断などで「血圧が高めですね」といわれたことはありませんか?日本人の約4割は血圧が高めだということです。

高血圧は良くないというのは、誰もが漠然と知ってはいるようですが、具体的に何が問題なのか、どうして怖いのかといった基礎知識は意外と知られていません。まずは血圧に関して正しい知識を得て、適切な治療を受けることが重要です。

高血圧とはどんな状態か?

血圧とは、心臓が血液を全身に送り出す際に血管(動脈)の内壁にかかる圧力のことです。心臓は、収縮と拡張を繰り返して血液を送り出しているので、動脈にかかる圧力は心臓の収縮、拡張に応じて上がったり、下がったりします。

動脈の血圧が心臓の収縮により最高に達したときの値が「最高血圧または収縮期血圧」、心臓の拡張により最低に達したときの値が「最低血圧または拡張期血圧」と呼ばれています。この圧力が基準値以上の状態が続く状態を高血圧といいます。

血圧の正常値

日本では、2004年12月に改訂された日本高血圧学会による「高血圧治療ガイドライン」に基づいて治療が行われています。ガイドラインでは、正常血圧は収縮期血圧が130mm hg未満、拡張期血圧が85mm hg未満となっています。

また、血圧が140/90mm hg以上を高血圧とし、一般的に治療開始の基準と考えられています。なお、ガイドラインでいうところの血圧とは、外来で医師や看護師が測定した血圧のことです。

高血圧はなぜいけないのか? 放置するとどうなるのか?

外来で高血圧の治療を受けている多くの患者さんが、健康診断や、他の疾患で受診された際に高血圧を指摘され、治療を開始しています。

ときに頭痛・めまい・肩こりなどの症状から高血圧が見つかることもありますが、多くの場合無症状に経過します。しかし、高血圧を放置しておくと動脈硬化を起こし、やがて心血管系の合併症を起こします。高血圧の恐ろしさは、この合併症にあるのです。

高血圧・糖尿病対策サプリメント 「M−ヒルディン」高血圧・糖尿病対策サプリメント 
シンギー社 M−ヒルディン
詳しくはこちらをクリック

| 高血圧・糖尿病対策サプリメント | comments(0) | trackbacks(5)
           
           

メタボリック対策サプリ一覧

メタボリック対策サプリ新着記事
メタボリック対策サプリトラックバック
よろしければどうぞ
Add to Google

My Yahoo!に追加
相互リンク集
sapply
更新日:2007/07/04 17:04:26 ©Sapply.jp. Inc.
SPONSORED LINKS
モバイル
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM