【高血圧】【糖尿病】【肥満】メタボリック対策サプリメントの通販

メタボリックシンドローム(高血圧・糖尿病・高脂血症・肥満)予防、改善効果のあるサプリメント(健康補助食品)を紹介しています。
<< 「血糖値」ちょっと高めから注意 | main | 善玉コレステロールと悪玉コレステロール >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -

糖尿病患者の約40%〜60%は高血圧

糖尿病や高血圧では、血管が障害され、さまざまな合併症が起こってきます、なかでも「動脈硬化」は糖尿病と高血圧に共通する合併症で、進行すると「脳卒中」や「心筋梗塞」などを引き起こします。健康な人がこれらの病気を起こす割合を1とすると、糖尿病、高血圧のどちらかがある人はその約2〜3倍、糖尿病と高血圧の両方がある人は、約6〜7倍にもなるのです。

糖尿病と高血圧の両方がある場合、血圧を下げると、血糖値を下げるのと同程度、あるいはそれ以上に、糖尿病の合併症を防ぐ効果があるとされています。

一般的には「上の血圧140mmHg以上、下の血圧90mmHg以上」の場合に高血圧とされます。ただし、糖尿病の場合には、血圧がそれほど高くなくても治療の対象になります。通常より低めの「上の血圧130mmHg未満、下の血圧80mmHg未満」を目標値として、治療を行います。

なお「糖尿病性腎症」があり、たんぱく尿が約1g/日以上のときは、さらに低い「上の血圧125mmHg未満、下の血圧75mmHg未満」を目標値とします。

高血圧も糖尿病と同様に、まずは生活習慣を改善することでよくなっていきます。次に述べる点に注意して生活し、改善がみられない場合は薬物治療を行います。

■減塩する・・・塩分は1日10g以下、できれば7g以下に抑えるのが理想的です。

■肥満のある人は減量する・・・肥満のある人が適正体重まで減量すると、それだけで血圧が下がることがわかっています。

禁煙する・・・たばこは血管を収縮させて血圧を上げるうえ、動脈硬化を促進する要因でもあります。ぜひ禁煙しましょう。

■運動を行う・・・食後1〜2時間以内に、汗ばむ程度の簡単な運動をしましょう。早朝の血圧が高い場合は朝の運動を避けるか、歩行などの軽い運動をするようにします。

■ストレスを解消する・・・ストレスは、血圧や血糖値を上げるホルモンを分泌します。

たとえ薬で血圧や血糖値が下がっても、生活習慣が元に戻ると、再び数値が上がることが多くあります。生活習慣の改善が治療のかぎを握っていることを認識し、しっかりと自己管理していくことが大切です。

サンヘルス社 コウジ黒酢メタボリック対策に サンヘルス社 コウジ黒酢
| 高血圧・糖尿病対策サプリメント | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

| - | - | -
           
           
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://metab.jugem.jp/trackback/8
トラックバック
糖尿病
糖尿病糖尿病 (とうにょうびょう、Diabetes Mellitus: DM) は、血液中のグルコース|ブドウ糖濃度が病的に高まって、それに特徴的な様々な合併症をきたすか、きたす危険性のある病気である。概要血液中のグルコース|ブドウ糖濃度(血糖値、血糖)は、
| ひなこの部屋 |

メタボリック対策サプリ一覧

メタボリック対策サプリ新着記事
メタボリック対策サプリトラックバック
よろしければどうぞ
Add to Google

My Yahoo!に追加
相互リンク集
sapply
更新日:2007/07/04 17:04:26 ©Sapply.jp. Inc.
SPONSORED LINKS
モバイル
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM