【高血圧】【糖尿病】【肥満】メタボリック対策サプリメントの通販

メタボリックシンドローム(高血圧・糖尿病・高脂血症・肥満)予防、改善効果のあるサプリメント(健康補助食品)を紹介しています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -

リスクも積もれば複合生活習慣病 メタボリックシンドローム

肥満、高脂血症、高血糖、高血圧」といった動脈硬化の危険因子を複数併せ持った状態を「メタボリックシンドローム」といいます。

このような危険因子がいくつも重なると、1つ1つの程度は軽くても、動脈硬化が急速に進んでいきます。その結果「狭心症」や「心筋梗塞」「脳梗塞」などの重大な病気を引き起こしてしまいます。メタボリックシンドロームは、命にかかわる病気につながる、非常に危険な状態なのです。

高脂血症、高血糖、高血圧といった生活習慣病や肥満が起こる背景には、多くの場合「食べすぎ」や「運動不足」などの生活習慣があります。食べすぎや運動不足の生活を送っていると、次第に肥満になり「中性脂肪」などの血中脂質や血圧、血糖値が上がっていきます。

ところが、生活習慣病には、自覚症状がほとんどありません。そのため「これくらいなら大丈夫だろう」と同じような生活を続けているうちに、動脈硬化が進んでしまうのです。

人間の身体は、日々老化しています。速球でならしたプロ野球のピッチャーもいずれは、スタイルを変えなければ、野球を長く続けていくことは難しいでしょう。今の「肉体年齢」に合った生活習慣を心がけましょう。

<strong>血液サラサラサプリメント 「M−ヒルディン」</strong>高血圧・糖尿病対策サプリメント 「M−ヒルディン」
詳細はこちら↓
http://www.igoods.jp/s/sapply/1014/

| 高血圧・糖尿病対策サプリメント | comments(12) | trackbacks(1)

糖尿病患者の約40%〜60%は高血圧

糖尿病や高血圧では、血管が障害され、さまざまな合併症が起こってきます、なかでも「動脈硬化」は糖尿病と高血圧に共通する合併症で、進行すると「脳卒中」や「心筋梗塞」などを引き起こします。健康な人がこれらの病気を起こす割合を1とすると、糖尿病、高血圧のどちらかがある人はその約2〜3倍、糖尿病と高血圧の両方がある人は、約6〜7倍にもなるのです。

糖尿病と高血圧の両方がある場合、血圧を下げると、血糖値を下げるのと同程度、あるいはそれ以上に、糖尿病の合併症を防ぐ効果があるとされています。

一般的には「上の血圧140mmHg以上、下の血圧90mmHg以上」の場合に高血圧とされます。ただし、糖尿病の場合には、血圧がそれほど高くなくても治療の対象になります。通常より低めの「上の血圧130mmHg未満、下の血圧80mmHg未満」を目標値として、治療を行います。

なお「糖尿病性腎症」があり、たんぱく尿が約1g/日以上のときは、さらに低い「上の血圧125mmHg未満、下の血圧75mmHg未満」を目標値とします。

高血圧も糖尿病と同様に、まずは生活習慣を改善することでよくなっていきます。次に述べる点に注意して生活し、改善がみられない場合は薬物治療を行います。

■減塩する・・・塩分は1日10g以下、できれば7g以下に抑えるのが理想的です。

■肥満のある人は減量する・・・肥満のある人が適正体重まで減量すると、それだけで血圧が下がることがわかっています。

禁煙する・・・たばこは血管を収縮させて血圧を上げるうえ、動脈硬化を促進する要因でもあります。ぜひ禁煙しましょう。

■運動を行う・・・食後1〜2時間以内に、汗ばむ程度の簡単な運動をしましょう。早朝の血圧が高い場合は朝の運動を避けるか、歩行などの軽い運動をするようにします。

■ストレスを解消する・・・ストレスは、血圧や血糖値を上げるホルモンを分泌します。

たとえ薬で血圧や血糖値が下がっても、生活習慣が元に戻ると、再び数値が上がることが多くあります。生活習慣の改善が治療のかぎを握っていることを認識し、しっかりと自己管理していくことが大切です。

サンヘルス社 コウジ黒酢メタボリック対策に サンヘルス社 コウジ黒酢
| 高血圧・糖尿病対策サプリメント | comments(0) | trackbacks(1)

「血糖値」ちょっと高めから注意

糖尿病で怖いのは、血糖値が高い状態が続くことによって、さまざまな合併症が現れてくることです。合併症には「糖尿病性昏睡や感染症」などの急性のものと、慢性的に現れるものがあります。

慢性の合併症は、大きく分けて2つあります。1つは「網膜症、腎症、神経障害」など、細い血管が障害されて起こる病気(細小血管症)で、もう1つは、太い血管に起こり「心筋梗塞や脳卒中」の原因となる「動脈硬化」の促進です。

そして、血糖値が高いほど、心筋梗塞や脳卒中で亡くなる危険度も高まります。これは糖尿病に至っていない「境界型(糖尿病予備軍)」でも同じです。健康な人よりも、特に食後の血糖値が高いため、その分、動脈硬化や、動脈硬化による心筋梗塞や脳卒中を起こす危険性が高くなるのです。

動脈硬化は「血管の障害」と「内臓脂肪の蓄積」が合わさって進行します。食後はだれでも血糖値が上がりますが、健康な人は、膵臓からすばやくインスリンが分泌されて、血糖値が下がります。しかし、予備軍の人の多くは、食後にインスリンがすばやく分泌されないため、空腹時は正常範囲でも、食後に血糖値が急激に上がります(食後高血糖)。高血糖になると、体内のさまざまな代謝が乱れ、血管の内皮細胞が障害されるのです。

予備軍の人には、食後高血糖だけではなく、筋肉などの細胞への、糖の取り込みの低下も起こります。これは、食後にすばやくインスリンが分泌されなかったり、もともとインスリンの効きが悪い状態があることなどが原因です。

体はこの状態を改善しようとするため、少し遅れて大量のインスリンを分泌します。インスリンには、血液中の余分な糖を脂肪細胞に取り込む働きがあるため、インスリン量が多くなると、内臓脂肪の蓄積が進みます。内臓脂肪はインスリンの効きを悪くするほか、各種生理活性物質の分泌量を増減させて、動脈硬化を進行させます。

高血圧・糖尿病対策サプリメント 「M−ヒルディン」高血圧・糖尿病対策サプリメント M-ヒルディン
M-ヒルディンの通販はこちら⇒http://www.igoods.jp/s/sapply/1014/
| 高血圧・糖尿病対策サプリメント | comments(0) | trackbacks(1)

黒ごまきな粉くん

胡麻にはたんぱく質が多く含まれ、ミネラルではカルシウム、リンが非常に多く、鉄分も豊富です。ビタミン類ではB1、B2、ナイアシンなどが含まれています。

胡麻は成分の50%強が脂質です、この脂質はコレステロールの血管壁沈着を防ぐリノール酸や、オレイン酸などの不飽和脂肪酸を主体にした良質な脂肪油です。

漢方では胡麻は肝・腎を補い、五臓を潤す強壮滋養・強精効果のある秀逸な食物としているだけでなく、白髪の予防、老化防止の効果があるとされています。

きな粉は食物繊維が豊富に含まれているため、便秘改善にとても役立つ食品です。また、粉にすることで大豆の栄養素を効率的に摂取することができます。

他にもカルシウム・マグネシウム・カリウム・リン・鉄などミネラルが多く含まれている黒豆には抗酸化物質のアントシアニン色素や大豆サポニンが多く含まれています。

アントシアニン色素は活性酸素の発生を抑え、ガンや糖尿病等の生活習慣病の予防に効果があるとされているポリフェノール成分です。

大豆サポニンは大豆に含まれる配糖体の一種で活性成分のひとつです。大豆サポニンには、強い抗酸化作用や過酸化脂質の生成を抑える作用が高血圧や動脈硬化予防、また、お肌の老化防止に効果的と言われています。また、大豆サポニンはコレステロールの吸収を抑えて分解する働きがあります。

さらに血中コレステロ一ルの低下作用があり、中性脂肪を減少させるだけでなく、ダイエット効果も期待できる成分です。

黒ごまきな粉くん■原材料名 大豆(きなこ)黒胡麻

■お召し上がり方 コップ一杯の牛乳に混ぜたり、ご飯にふりかけてお召し上がり下さい。また、お団子に加えて頂いても結構です。不足しがちな栄養の補給にお役立てください。

通販情報はこちら↓
http://www.igoods.jp/s/sapply/1101/



| 高血圧・糖尿病対策サプリメント | comments(0) | trackbacks(1)

高血圧

健康診断などで「血圧が高めですね」といわれたことはありませんか?日本人の約4割は血圧が高めだということです。

高血圧は良くないというのは、誰もが漠然と知ってはいるようですが、具体的に何が問題なのか、どうして怖いのかといった基礎知識は意外と知られていません。まずは血圧に関して正しい知識を得て、適切な治療を受けることが重要です。

高血圧とはどんな状態か?

血圧とは、心臓が血液を全身に送り出す際に血管(動脈)の内壁にかかる圧力のことです。心臓は、収縮と拡張を繰り返して血液を送り出しているので、動脈にかかる圧力は心臓の収縮、拡張に応じて上がったり、下がったりします。

動脈の血圧が心臓の収縮により最高に達したときの値が「最高血圧または収縮期血圧」、心臓の拡張により最低に達したときの値が「最低血圧または拡張期血圧」と呼ばれています。この圧力が基準値以上の状態が続く状態を高血圧といいます。

血圧の正常値

日本では、2004年12月に改訂された日本高血圧学会による「高血圧治療ガイドライン」に基づいて治療が行われています。ガイドラインでは、正常血圧は収縮期血圧が130mm hg未満、拡張期血圧が85mm hg未満となっています。

また、血圧が140/90mm hg以上を高血圧とし、一般的に治療開始の基準と考えられています。なお、ガイドラインでいうところの血圧とは、外来で医師や看護師が測定した血圧のことです。

高血圧はなぜいけないのか? 放置するとどうなるのか?

外来で高血圧の治療を受けている多くの患者さんが、健康診断や、他の疾患で受診された際に高血圧を指摘され、治療を開始しています。

ときに頭痛・めまい・肩こりなどの症状から高血圧が見つかることもありますが、多くの場合無症状に経過します。しかし、高血圧を放置しておくと動脈硬化を起こし、やがて心血管系の合併症を起こします。高血圧の恐ろしさは、この合併症にあるのです。

高血圧・糖尿病対策サプリメント 「M−ヒルディン」高血圧・糖尿病対策サプリメント 
シンギー社 M−ヒルディン
詳しくはこちらをクリック

| 高血圧・糖尿病対策サプリメント | comments(0) | trackbacks(5)
           
           

メタボリック対策サプリ一覧

メタボリック対策サプリ新着記事
メタボリック対策サプリトラックバック
よろしければどうぞ
Add to Google

My Yahoo!に追加
相互リンク集
sapply
更新日:2007/07/04 17:04:26 ©Sapply.jp. Inc.
SPONSORED LINKS
モバイル
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM